よくあるご質問|入浴用リフト(手動式)で入浴介護なら精工技研株式会社

  • カタログダウンロード
  • CAD図面ダウンロード
  • ショールーム

全国どこでも施工可能お問い合わせはこちら

03-3716-5142

受付時間:平日9:00〜17:30

MENU

  1. HOME > 
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

どんな機種(タイプ)がありますか?価格はいくらですか?

浴槽の深さ、またぎの高さなどに合わせて3つの機種を用意しています。

壁に直接レールが付けられる場合で、価格は下記の通りです。

 

バスラック 650 198万円~
バスラック 800 220万円~
バスラック 1150 253万円~

 

*価格はいずれも税込みです。

*本体、セパレートキャリー1台、座位サポート、標準設置部材を含みます。

*別途、工事費・出張費を頂戴します。

体重何kgの人まで使用できますか?

耐荷重は80kgです。

80kgの方が乗られても軽い力で操作していただけます。

操作は重くないですか?女性でもできますか?

女性の方でも片手で軽々と簡単に操作できます。

上下昇降はハンドルを軽く回すだけ、洗い場から浴槽までの左右移動は本体を軽く押すだけです。

どんな浴室にも設置できますか?

新築・既築、木造・鉄筋コンクリート造、個浴・大浴場などさまざまな浴室に設置ができます。

詳しい浴室の仕様や現状についてお聞きした上で、それぞれの浴室に最適な機種と設置方法のご提案を致します。まずはお気軽にご相談下さい。

さまざまな設置事例をこちらでご覧いただけます。

 

既存浴室への後付け方法

建物構造が木造や鉄骨造の場合は壁内部の強度が不足しているため補強が必要となります。

写真は浴室内に補強用のポールを立て、対面の壁で荷重を受ける方法の枠組みです。

対面の壁に突っ張り可能な距離は最大2,800mmです。

ユニットバスに設置できますか?

新築・既築問わず設置可能ですが、浴室のサイズは「1620」以上が必要です。

機種は「バスラック650」になります。

*浴室や浴槽の形状などにより設置できない場合もあります。

 

既存ユニットバスへの後付け方法

ユニットバスは壁の強度が不足しているため補強が必要となります。

写真は浴室内に補強用のポールを立て、対面の壁で荷重を受ける方法の枠組みです。

 

設置スペースはどのくらい必要ですか?

1,600mm×2,000mm以上、高さ2,000mm以上の浴室寸法が必要です。

 

 

最低限必要な浴槽の大きさはどれぐらいですか?

長さ(底面内法)1,100mm以上、幅(底面内法)500mm以上、またぎ高さ500mm以下の浴槽サイズが必要です。

電源が必要ですか?

完全手動式ですので電源は必要ありません。

電気、水圧などの動力を全く使用しないので、リフト設置のための電気工事や水道工事は不要です。

サビたりしますか?寿命はどのくらいですか?

主要部品は湿気とサビに強いステンレス鋼を、外装には樹脂カバーをそれぞれ採用しており高い耐久性があります。

ただし、換気不足の浴室や硫黄の成分を含む温泉など、ご使用環境によってはサビが発生する場合があります。

耐用年数は自社基準で10年です。(使用状況や環境によって前後します)

製品保証・メンテナンスはどうなっていますか?

製品保証は1年間です。次年度以降は保守メンテナンス制度(有償)を用意しています。

できる限り長い期間ご使用いただくために、定期的なメンテナンスを推奨しております。

介護保険のレンタル対象品ですか?

バスラックシリーズは介護保険のレンタル対象ではありません。

助成金は使えますか?

各自治体などで独自の助成制度を持っている場合があります。リフト導入にあたって助成制度があるか、自治体のほうへ直接お問い合わせください。

実際に製品を見ることはできますか?

東京本社のショールームおよび大阪「ATCエイジレスセンター」では常時、実機を展示しております。また、展示会への出展も行っております。ショールームにお越しいただけない方には実際にお使いいただいている施設様への見学なども可能な限り対応いたします。

pagetop

お問い合わせ

全国どこでも施工可能

03-3716-5142

受付時間:平日9:00〜17:30

タップで電話をかける

お問い合わせ

資料請求・ダウンロード