バスラックを使ったリフト浴の手順|入浴用リフト(手動式)で入浴介護なら精工技研株式会社

  • カタログダウンロード
  • CAD図面ダウンロード
  • ショールーム

全国どこでも施工可能お問い合わせはこちら

03-3716-5142

受付時間:平日9:00〜17:30

MENU

  1. HOME > 
  2. バスラックを使ったリフト浴の手順

バスラックを使ったリフト浴の手順

各部名称

セパレートキャリー

バスラック専用のキャリー(車いす)です。シート部とカート部に分離します。

 

レール

リフト本体を設置し、洗い場側から浴槽側へと水平移動させる役割をします。

 

リフト本体

洗い場から浴槽への移動やシートの上下昇降など、入浴の基本操作がすべて手動で簡単に行えます。

リフト本体を洗い場側に配置

入浴前にリフト本体を洗い場側に移動させておきます。
介護者は脱衣室などで入浴者をセパレートキャリーに移乗し、浴室内の洗い場まで移動します。
セパレートキャリーは通常のシャワーキャリーと同じように使用でき、座ったまま身体を洗うことができます。

セパレートキャリーを本体にセット

入浴者の身体を洗い終えたらリフト本体の前にセパレートキャリーを移動し、本体にセットします。
本体へはセパレートキャリー上部の連結バーを本体のフックにひっかけ、ハンドルを少し上方向に回してセットします。

セパレートキャリーのシート部とカート部を分離

セパレートキャリーのロックを外し、昇降ハンドルを上方向に回転させるとシート部とカート部が分離します。シート部が完全にカート部から離れ、浴槽のまたぎを越えるまで上昇させます。

本体を浴槽側へ移動

リフト本体に付いているブレーキを解除し、リフト本体を押して浴槽側に移動させます。
この際、本体はレールに沿ってスムーズに動きますので、入浴者は揺れによる不安を感じることがありません。
浴槽のまたぎを越えるときに脚の介助が必要になる場合がありますが、その際は入浴者の脚を持って浴槽側に押すとリフト本体ごと浴槽側に移動します。

シートを下ろして入浴

浴槽位置にシートを移動したら昇降ハンドルを下方向に回転し、シートを浴槽底面まで下げて入浴を行います。
底面まで下ろせば全身浴ができますが、ハンドルは好きな位置で止めることができるので入浴する人の体調に合わせて半身浴を選択することも可能です。
浴槽から出るときは今までと逆の手順を行い、入浴を終わります。


※例としてスタンダードタイプの写真を使用しておりますが、他の機種でも使い方はほとんど同じです。

pagetop

お問い合わせ

全国どこでも施工可能

03-3716-5142

受付時間:平日9:00〜17:30

タップで電話をかける

無料相談受付中

資料請求・ダウンロード